神奈川県小田原市の真壁畳店です。小田原市内のお客様、琉球表を使用して縁無し畳表替え。

琉球表を使用して、縁無し畳表替えを納品しました。
琉球表を使用して、縁無し畳表替えを納品しました。

こんにちは。小田原市橘地域にあります、真壁畳店です。


東京都の会社様から、小田原市内のお客様の畳替えのご注文をいただきました。

中旬頃、現場にお伺いしまして、畳の状態を確認しました。

事前にお聞きしてましたが、琉球表が使用されてまして、現状と同じ物でのご注文でした。

27日(月)の午前中にお預かりしまして、29日(水)の午後納品しました。

お預かり時は、畳の合わせ目の大きさがずれてましたので、ピッタリ合うように切断加工や増やす加工をしました。

縁付き畳より、時間がかかりますので、納品に間に合うように2日間残業をしました。

台風に重ならず、晴れの日に納品出来て良かったです。

納品時には、ご注文いただいた会社の社長様に大変喜んでいただけました。

引き取り時、納品時にお客様お会い出来ませんでしたが、後日、お客様からお礼のお電話をいただき、大変喜んでいただけました。

お世話になりました。


一般のお客様は、縁無し畳を琉球畳と呼ばれますが、畳店では、琉球表を使用した畳を琉球畳と呼びます。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。